主催者あいさつ

公式メールマガジン

日本大学大学院理工学研究科不動産科学専攻 根上彰生教授 インタビュー


(根上彰生教授 研究室にて)

※聞き手 事務局 沖野元

沖野「まず、主催の日本大学大学院理工学研究科不動産科学専攻について、どのような専攻かを教えてください。」

根上教授「平成4年に設立した専攻になります。それ以前から建築学部の中で不動産教育を導入した経緯が
あり、その延長線上で建築学部だけではなく学際領域としての不動産に関する大学院での専攻を設立する
という流れで理工学研究科の中に不動産科学専攻を設立したということになります。
建築が母体となって不動産教育を開始したという経緯ですけれど、理工系だけではなくて幅広い分野から
不動産の教育を行うことを目的としています。」

沖野「では、その不動産科学専攻が不動産戦略セミナーを開催しようと思ったのはどうしてでしょうか。」

根上教授「平成4年から専攻を設立して不動産教育を実施してきたという実績はあるものの、社会的には
認知度が低かったということもあり、そのPR、あるいは大学で研究したものを少し実務家の方々にも知って
いただく機会を作りたいという思いがあってスタートさせたというような経緯です。」

沖野「今までにすでに3回ほど開催したわけですが、やってみて手応えのようなものは感じられましたか。」

根上教授「受講される方の大半は不動産の第一線で活躍されている実務家の方々ですけれども、大変熱心に
聴いていただいていますし、懇親の機会も含めてネットワークができつつあるような成果があったかなと
思っています。」

沖野「このセミナーを開催する意義はどのようなところにあるとお考えでしょうか。」

根上教授「大学の側からすると、不動産という領域の教育プログラムがあるということをPRしたいという
ことがありますし、参加される実務家の方も自分の仕事の中だけではなくて、少し仕事を離れて学問とし
ての不動産という分野もあるんだと認識していただいて、大学で今までご自身が経験したことをもとに
論文として取りまとめることをチャレンジしてみようというような方が出てくることも期待しています。」

沖野「それでは最後の質問ですが、今後はこのセミナーでどのような内容を中心にやっていきたいと
お考えでしょうか。」

根上教授「現在は大学で専門の研究者が研究したことを、あるいは取り組んでいることをご紹介するという
かたちで進めていますけれども、これからは徐々に参加していただいた方々からもお話を伺いながら大学の
研究にも実務家の声を取り入れた研究テーマを、とそういうような方向に発展していけば良いと思いますし、
それをまた過去のセミナーにフィードバックしていくというような展開は少し時間がかかるかも知れません
が、そういう流れができたらいいなと考えています。」

沖野「実務者の声を取り入れる、ということでしょうか」

根上教授「大学の研究テーマをアカデミックな内容だけではなくて、もっと実務にすぐ反映できるような
研究テーマもあり得ると思います。」

沖野「そうすると過去3回のセミナーはわりと研究者が一方的に研究テーマを発表する場になっていましたが
参加者の方も含めたパネルディスカッションのようなものも取り入れていくということでしょうか。」

根上教授「はい、そのようなことも考えられるんじゃないかと思います。一方的なセミナーではなくて
双方向な内容になるようなものも含めて考えていきたいと思います。」

沖野「今後のセミナーが期待されますね。ありがとうございました。」

インタビュー日(2017年5月19日)


日本大学不動産戦略セミナーメールマガジンでは、本セミナーの受付を最も早く開始しています。
従って、確実に席を確保したい場合はメルマガに登録されることをお勧めします。
また、不動産系のセミナー情報だけでなく様々な不動産を中心とした情報を無料でお届けします。
ご登録は下記をクリックしてください。

公式メールマガジン

PAGE TOP

公式メールマガジン
新着記事INFO



日本大学不動産戦略セミナー事務局

〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14(都市計画研究室内)




MENU

CONTACT
HOME