日本大学
不動産戦略セミナー

超一流講師による不動産の最前線!

日本大学不動産戦略セミナーとは

日本大学不動産戦略セミナーとは、日本大学大学院理工学研究科不動産科学専攻と日本大学経済学部中川雅之研究室の合同セミナーです。
超一流の学者、実務家を呼び、講演やパネルディスカッションを定期的(概ね2~3カ月に1回)に行います。
不動産ビジネスに従事する社会人の方はもちろん、不動産周辺の知識を必要とする方、また不動産に興味がある大学生や論文に不動産がからむ大学院生、研究者にも新しい視野と視点を提供するものです。

ミッション

  • 大学での不動産学習の認知度を高める。
  • 不動産と建築、都市計画を横断的に見ることのできる幅広い視野を持つ人材を育成する。
  • 定期セミナーを通して不動産・建築・都市計画をめぐるタイムリーなテーマを取り上げ、本セミナーを通じて社会に有用な情報を提供する。

予告

第4回日本大学不動産戦略セミナーは6月23日(金)19時を予定しています。尚、セミナーの受付は下記の無料メールマガジンに登録された方を優先させていただいています。
セミナー参加をご希望される方は、まず無料メールマガジンにご登録下さい。

日本大学不動産戦略セミナーメールマガジンでは、
本セミナーの受付を最も早く開始しています。
従って、確実に席を確保したい場合はメルマガに登録されることをお勧めします。
また、不動産系のセミナー情報だけでなく
様々な不動産を中心とした情報を無料でお届けします。
ご登録は下記をクリックしてください。

過去のセミナー開催報告

第3回日本大学不動産戦略セミナー

「住宅市場の課題と展望」 
~わが国の住宅市場の特殊性とストック社会への対応策~

日程 4月21日(金)19時~20時半 懇親会有り
場所 日本大学経済学部(JR水道橋駅 徒歩3分)

講演者 田村誠邦(たむらまさくに)先生 明治大学理工学部特任教授 
                    アークブレイン代表取締役


19時00分~19時10分 主催者あいさつ
19時10分~20時10分 「住宅市場の課題と展望」 田村誠邦先生講演
          ~わが国の住宅市場の特殊性とストック社会への対応策~ 
20時10分~20時20分 質疑応答
20時20分~20時30分 事務連絡

20時40分~22時30分 懇親会(希望者のみ)

会場:日本大学経済学部7号館
  (総武中央線「水道橋」駅より徒歩3分)

定員:50名(定員に達し次第、締切ります) 締切りました!

会費:1,000円

懇親会会費:4,500円(希望者のみ)

※大学生、大学院生はセミナー参加無料となります。(社会人学生は有料)
 懇親会会場は水道橋駅近くの居酒屋になります。(定員20名)
 席は全席禁煙です。お酒を飲まない方でも楽しく懇談していただけます。
 講演者の田村先生も参加されます。
※講演内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承下さい。

第3回日本大学不動産戦略セミナーは明治大学特任教授の田村誠邦先生に登壇いただきました。
田村先生は実務で長年不動産再生ビジネスに携わって来られた関係から、冒頭ではそれらの事例を交えながら講演が始まりました。いくつもの再生案件で痛感されたこと、それは「建築」だけわかっていてもプロジェクトは進まないということでした。建築家が相続税評価額を無視して建築し、クライアントの相続税が1億円も増えた事例を詳細に紹介していただきました。つまり、プロジェクトを成功させるためには「建築」と「不動産」の両方の知識が必要になるということです。
その後、わが国の住宅市場の特殊性とストック社会への対応策について、特に海外の事例とわが国を比較しながら解説されました。ここでは、わが国ではストックが増えてもストックに対しての投資(リフォーム)投資が増えていない原因として、そもそも既存住宅が流通していないということを挙げられました。そこでアメリカやドイツの事例を解説されたのですが、特にドイツでは既存住宅への投資をエネルギー政策(省エネなど)と連動させていて、ストック投資への優遇している点を紹介していただきました。

田村先生のお話は参加者にとって、普段聞くことのできないマクロの視点があらゆるところに含まれていて、非常に刺激的だったようです。

アンケートでもこのような勉強会は続けてほしいとの声を複数頂きました。このように新たな視点に気付くことで、参加者の視野の広がりに寄与できるなら主催者として嬉しい限りで、本セミナーを続ける価値があると確信しました。

第2回日本大学不動産戦略セミナー

『ビッグデータが語る不動産市場の未来:
 少子高齢化・AIそして,国際不動産市場』
清水千弘 日本大学教授

日時:2017年1月20日(金)

19時00分~19時10分 主催者あいさつ
19時10分~20時10分 『ビッグデータが語る不動産市場の未来:
           少子高齢化・AIそして,国際不動産市場』清水教授講義
20時10分~20時20分 質疑応答
20時20分~20時30分 事務連絡

20時40分~22時30分 懇親会(希望者のみ)

会場:日本大学理工学部5号館
  (総武中央線「御茶ノ水」駅より徒歩5分)

定員:70名➔満席御礼

会費:1,000円

懇親会会費:4,000円(希望者のみ)

※大学生、大学院生は無料となります。(社会人学生は有料)
 懇親会会場は御茶ノ水駅近くの居酒屋になります。
 席は全席禁煙です。お酒を飲まない方でも楽しく懇談していただけます。
 講演者の清水教授も参加されます。


第2回日本大学不動産戦略セミナーの講師は
日本大学教授の清水千弘先生でした。

清水先生は不動産分野の研究者として、
八面六臂の活躍をされています。
日大教授としてだけでなく、
シンガポール国立大学不動産研究センター教授、
マサチューセッツ工科大学不動産研究センター研究員
としても活動されています。

日本国内のみならず、海外の不動産事情に詳しい、
こういう研究者は日本には少ないので、清水先生は常に講演等で
引っ張りだこ状態です。


そんな清水先生の今回の講演タイトルは
『ビッグデータが語る不動産市場の未来:
 少子高齢化・AIそして,国際不動産市場』です。

最近、不動産業界でリアルエステートテックという言葉が
広がってきています。

これはリアルエステートとテクノロジーを組み合わせた造語ですが、
テクノロジーの力で不動産取引の仕組みや商習慣を変えようという
ことです。

清水先生のお話はビッグデータやAIを中心として多岐に渡りました。
最初にディープラーニングのツールについて、
その技術は25年前にすでに存在していたというお話が衝撃的でした。
つまり、25年前のツールをネクストやリブセンス、そしてイタンジが
使っているということです。

ではなぜ今になってこの技術が注目を浴びているのか。
これはデータがそろってきたことに起因するとのこと。
データがいかに重要か、ということです。

「人も老化するが、都市も、そして建物も老化をする」という言葉が
印象に残っています。
そんな中で生き残る都市の条件は「アメニティが充実しているところ」
とのことです。
アメニティとは、芸術、スポーツ、レストランなどです。
レストランも様々な種類がそろっていることが重要で
和食、イタリアン、中華、フレンチ・・・などが楽しめる街がベストということです。

また、オリンピックというメガイベントが不動産市場に影響を与えないという
ことも世界のデータを示しながら分析していただきました。

最後の清水先生のお話は現在の浮ついたリアルエステートテックに
活を入れるものでした。

「あまりにも事業者目線で、いくらテクノロジーを入れてもそれは
ただ単に事業者にとってコストダウンにつながるだけである」、と。

また、こうも断言されていました。
「消費者にとって利便性を高めるテクノロジーでなければ、
リアルエステートテックは滅ぶでしょう」、と。

抽象度の高い清水先生の目線には、心から感銘を受けました。



第1回日本大学不動産戦略セミナー 開催報告

『空き家と相続税』ー空き家急増を防ぐ処方箋ー
山崎福寿 日本大学経済学部教授

日程:2016年10月21日(金) 19:00〜20:30
会場:日本大学経済学部7号館 14階 レセプションルーム 
   JR水道橋駅より 徒歩約3分
会費:1,000円
   ※学生は無料
   ※社会人学生は会費要
   懇親会に参加する場合 別途4,000円
定員:35名

第1回日大不動産戦略セミナーは会場脇に置いたイスも全席が埋まるほどの大盛況で終えることができました。ありがとうございます。
今回のテーマは「空き家と相続税」。日大経済学部の山崎福寿教授に登壇いただきました。マクロの視点で語られた空き家が増えていくメカニズム、相続税の弊害とその対策、賃貸住宅市場の問題点、空き家を防ぐための提言などが中心に語られました。質疑応答では、実務家の視点と大学教授などの理論の違いがハッキリと示され、興味深かったのではないかと思います。
参加者の中には頭のなかに「?」が浮かんだ人や」「難しい」と感じた方もいらっしゃったかも知れません。普段、大学教授の話など聞くことはないかと思うので、それは当然のことでしょう。何度か参加される内にアカデミックな論理的思考に慣れてくるのではないかと思います。

懇親会でも20名超の方にご参加いただき、今回のテーマについてあちこちで議論されていました。皆さん、職業や背景も異なる中で懇談を楽しんでいただけたようです。

協 賛
私たちは日本大学不動産戦略セミナーを
支援しています!

一般社団法人日米不動産協力機構

日米不動産協力機構(JARECO)は我が国の不動産流通活性化と国際化を支援するアカデミックな組織です。

法人情報

株式会社ザイマックス不動産総合研究所

不動産マーケットや建物の運営・管理に関して、不動産の実務を担うザイマックスグループだからこそ出来る切り口で、調査・研究を行い、情報を発信しています。

企業情報

ハイアス・アンド・カンパニー
株式会社

HyAS&Co.の使命は、
個人が住宅不動産を納得し安心して取得(購入)、居住(運用)、住替(売却)できる環境をつくることです。
住宅取得が個人の資産形成に直結する社会の実現、それが我々のテーマです。

企業情報

運営事務局 

名称 日本大学不動産戦略セミナー事務局
設立 2016年9月14日
事務局 担当者 沖野 元(日本大学理工学研究所 客員研究員)
事務局所在地 101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14(都市計画研究室内)
※日本大学不動産戦略セミナー事務局とは、日本大学が大学として作った正式なものではありません。日本大学理工学研究科不動産科学専攻と日本大学経済学部中川雅之研究室が共同で不動産情報を発信するため、共同の事務局として任意で作った名称となります。
事務局所在地 101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14(都市計画研究室内)
各種のお問合せは下記よりお願いします。